Top >  フコイダンと抗癌(がん)作用 >  フコイダンの抗がん作用の特徴とは?

スポンサードリンク

パワーフコイダン
フコイダンQOLは株式会社アトラスが運営するフコイダン専門店。一緒に家族のためにできることを考えます

フコイダンの抗がん作用の特徴とは?

フコイダンの抗がん作用については、ヌメリの成分である硫酸アミノ多糖類にはもともと本体を汚れや細菌から守り、傷ついた部分を速やかに修復する働きがありますが、人のがん細胞に対しても同じ働きをしてくれるのです。

がんの原因は、発ガン物質、発ガンウィルス、食生活などによってDNAが傷つけられて正常細胞がガン化すると考えられています。フコイダンのがん細胞のみをアポトーシス(自殺)へと追い込んで正常細胞には影響を与えずに、良性・悪性腫瘍(がん)、白血病、再生不良貧血等の病気を改善させると言われています。

フコイダンには、がんが作る新生血管生成を抑制し、全身の免疫力の多くを受け持つ腸管免疫を上げ、フコイダン摂取を継続することで免疫力自体を上げる効果があります。

アガリクス等はその人の免疫力自体を上げることで、がんと闘わせて結果を出すという働きのため、がんに充分に抵抗できるまでに最低でも3ヶ月ほどの時間がかかります。養分を吸い取って勢いをつけて増殖転移をするがん細胞に対抗できるほどになるには時間がかかってしまいます。

それに比べてフコイダンは免疫力自体を上げながら、フコイダン自体が吸い寄せられるようにして素早くがん細胞に近づいていってがん細胞にアポトーシスをさせます。



スポンサードリンク

パワーフコイダン
フコイダンQOLは株式会社アトラスが運営するフコイダン専門店。一緒に家族のためにできることを考えます

 <  前の記事 フコイダンの低分子化について  |  トップページ

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://asagi.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/796

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         
このページについて

このページは「フコイダンとは?−フコイダンの効果を探る−」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

更新履歴

お薦めサイト