Top >  フコイダンと抗癌(がん)作用 >  フコダインのがん代替療法について

スポンサードリンク

パワーフコイダン
フコイダンQOLは株式会社アトラスが運営するフコイダン専門店。一緒に家族のためにできることを考えます

フコダインのがん代替療法について

がん治療においてアガリクスやメシマコブ、AHCCは、正常細胞、NK細胞やマクロファージを強化することによって癌細胞を攻撃させるというもので、がん細胞に直接働きかけることはできません。

がん細胞と正常細胞を戦わせるシステムで、フコイダンの効果は従来の代替療法とは大きく違います。たしかにフコイダンはアガリクスなどと同様に正常細胞を強化しますが、同時にがん細胞に直接働きかけて、がん細胞をアポトーシスする作用が今までに見られない画期的で重要な働きといえます。

新生血管抑制作用も癌増殖を強烈に抑制する効果がありますが、更に必須アミノ酸もがん治療の効果を高めます。またフコイダンには副作用がないことも大変重要なメリットと言えます。



スポンサードリンク

パワーフコイダン
フコイダンQOLは株式会社アトラスが運営するフコイダン専門店。一緒に家族のためにできることを考えます

 <  前の記事 フコイダンの抗がん効果  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンの低分子化について  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://asagi.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/794

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         
このページについて

このページは「フコイダンとは?−フコイダンの効果を探る−」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

更新履歴

お薦めサイト