Top >  フコイダンと抗癌(がん)作用 >  フコイダンとガン

スポンサードリンク

パワーフコイダン
フコイダンQOLは株式会社アトラスが運営するフコイダン専門店。一緒に家族のためにできることを考えます

フコイダンとガン

フコイダンの取れるモズクやメカブ、昆布などの海藻類の中には、カルシウムや沃素などのミネラルやビタミンなどの栄養源が多く含まれていますが、その他に、近年ヌルヌル成分の中のアルギン酸がコレステロール吸収抑制作用、ラミニンの血圧降下作用などが注目を浴びています。

またヌルヌル成分の中に多く含まれる成分がフコイダンで、乾燥重量の4%含まれています。フコイダンは、硫酸化多糖類の仲間ですが、特にモズクに「硫酸化フコース」「フコース」が多く含まれているといわれています。「硫酸化フコース」「フコース」が癌に対して抗がん剤のように働くことがわかってきました。
このがんの抑制効果は目覚しく、副作用のない抗がん剤と言われ注目されています。

抗がん剤はがん細胞にダメージを与えますが正常細胞にも多くのダメージを与え、激しい副作用に苦しみます。副作用の起こらないフコイダンの抗がん効果に期待が集まっています。



スポンサードリンク

パワーフコイダン
フコイダンQOLは株式会社アトラスが運営するフコイダン専門店。一緒に家族のためにできることを考えます

 <  前の記事 フコイダンの品質  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンの抗がん効果  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://asagi.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/792

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         
このページについて

このページは「フコイダンとは?−フコイダンの効果を探る−」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

更新履歴

お薦めサイト