フコイダンとは?−フコイダンの効果を探る−について

最近フコイダンという言葉をよく耳にします。フコイダンとは一体どのようなものなのでしょう?このサイトでは低分子フコイダンと高分子フコイダンの効果、効用を探り、噂の抗癌(がん)作用と合わせて情報を紹介しています。

スポンサードリンク

パワーフコイダン
フコイダンQOLは株式会社アトラスが運営するフコイダン専門店。一緒に家族のためにできることを考えます

フコイダンとは?−フコイダンの効果を探る−最新記事

フコイダンとは?−フコイダンの効果を探る−イメージフコイダンとは?−フコイダンの効果を探る−の記事を各カテゴリごと最新順に5記事ずつトップページで紹介しています。

フコイダンとは?−フコイダンの効果を探る−の古い記事を参照になりたい方は各カテゴリタイトル、またはページ最下部のサイトマップからのリンクをご利用ください。

フコイダンの品質:フコイダンとは?(フコイダンの効果)

フコイダンの品質は原料だけではなく、硫酸基結合も注目すべき点になります。

フコイダン製品はモズクを原料としていることが多いのは、モズクはフコイダンを豊富に含んでいる上に均質であるため、そしてフコイダンの含有量が多いために抽出が容易であることなどが理由になります。

モズクフコイダンの品質の良さとは、有害物質を含んでおらず安全であるこ...

フコイダンの品質について詳しく読む

フコイダンとは?(フコイダンの効果)

カテゴリ内新着一覧

フコイダンの抗がん作用の特徴とは?:フコイダンと抗癌(がん)作用

フコイダンの抗がん作用については、ヌメリの成分である硫酸アミノ多糖類にはもともと本体を汚れや細菌から守り、傷ついた部分を速やかに修復する働きがありますが、人のがん細胞に対しても同じ働きをしてくれるのです。

がんの原因は、発ガン物質、発ガンウィルス、食生活などによってDNAが傷つけられて正常細胞がガン化すると考えられています。フコイダンのがん...

フコイダンの抗がん作用の特徴とは?について詳しく読む

フコイダンと抗癌(がん)作用

カテゴリ内新着一覧

フコイダンの低分子化について:低分子フコイダンと高分子フコイダン

フコイダンの成分は分子量が約10万〜50万の高分子多糖体です。このフコイダンを消化する酵素が人にはないため、腸内からの吸収率が悪いと言われています。

このままの大きさでは胃がん、喉頭がん、大腸がんのような摂取したフコイダンが直接接触できる消化器系の病気のみしか効果が得られず、他の肺がん、肝臓がんのような病気には効果がないということになります。...

フコイダンの低分子化についてについて詳しく読む

低分子フコイダンと高分子フコイダン

カテゴリ内新着一覧

更新履歴

お薦めサイト